« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月17日 (日)

ロールシャッハテストの結果

2015年4月8日に、かかりつけの精神科でロールシャッハテストを受けました。
臨床心理士さんに結果のレポートをもらいましたので、記録としてブログに載せます。
竹村転子の取扱い説明書とでも思っていただければ。

***********
ロールシャッハテスト結果
***********

(1)統制とストレス耐性
慣れている環境や明確と感じる状況で生じるストレスに関しては効率的に処理する能力を有している。
しかし、慣れない環境や曖昧と感じる状況では非常にストレスが高まりやすい。そのような場面では、持っている資質を容易に越えるような精神的な負担がかかることで、ひとつひとつの課題に集中できずに思考・感情・行動が混乱しやすい傾向がみられる。

(2)自己知覚
これまでの対人関係で安心して関われなかったり、傷付く体験が多くあったことで、自分自身を否定的にとらえやすくなっている。
自己像というものがどこか曖昧で漠然と不安を感じており自身の心身について関心をもってはいるものの、否定的なイメージが先行してしまうことで、過度に自分の欠点に目がいきやすく、自分の力を発揮できずにいる様子。

(3)対人知覚
対人場面や社会的な場面において安心感をもって過ごせた経験が少なく、他者に対して協力的な人と思っても急に攻撃的な人のように思えたりと一貫したイメージを持てないことがある。
そのような混乱が繰り返されることで、他者ともっと親密になりたいという気持ちはある一方で、どこか不信感を持ってしまって警戒し、距離をおこうとする傾向がみられる。

(4)思考
課題解決や意思決定にあたり、あまり人に頼らないで、様々な考えを自主的に取捨選択して自分なりの考えを大切にし、物事を実行していこうとする力がある。
一方で、思考の仕方が変わりにくく、柔軟性や可塑性という点でやや弱さがみられる。
また、ときに感情の影響を強く受けて論理的・現実的な思考が難しくなり、空想にふけったり、場合によっては悲観的な考えが頭から離れなくなることがある様子。

(5)情報処理
新しい情報(刺激)に敏感で、目の前の物事を注意深く理解するために細部にわたって自分なりに努力することができる。
しかし、目の付けどころを適宜変えていくことが苦手なところがあり、非本質的なことであっても一度気になってしまうとそれ以外の情報(刺激)を取り入れる方に気が回らなくなり、得られた情報(刺激)に不足や偏りが起こりやすい傾向がみられる。

(6)認知的媒介
通常の状態であれば、状況の理解や判断を適切に行い、行動することができる。
しかし、少しでもストレスがかかる状況下では、急激に不安になってしまったりと感情が大きく動き、その感情の影響によって気付かぬうちに物事を現実的・習慣的に捉えられずに歪めて理解してしまうということが起こりやすい。そうなると、自分や他者、物事の過程や結果を客観的に予測できずに混乱した不適切な判断をしてしまう傾向がみられる。

(7)感情
元々、感情が動きやすいところがある一方で、その感情によって衝動的な行動や言動をしないよう自分なりに内省して感情を調整する傾向がある。
しかし、ときに自分の中で相反するような感情がぶつかってしまったり、自分でもどうすることも出来ないような強い不安や恐怖感、罪悪感などの感情が湧いてくることがあるよう。そうなるとなかなか解決できずにストレスがかかって体調をくずしたり、そのような感情を引き起こしそうな場面からできるだけ距離を置こうとする傾向がみられる。

※総合所見
元々は、感情を適切にコントロールし、物事をしっかりと理解するために細部にわたって情報をみつめて判断し、自分なりの考えをもって行動をしていく資質を有している。
しかし、少しでも慣れない環境や曖昧な状況におかれると、人一倍ストレスが高まりやすく、そのような場面では強い感情が働くも、処理しきれずにその感情の影響から、適切に状況や物事、他者についての理解を進めることに集中できなくなり、理解や判断に歪みが生じやすいところがあるよう。そのような時には、些細と思われるようなことに対しても人から責められたり、裏切られたりするような理解に陥ることがある様子。そのような体験を重ねることで、対人場面や社会的場面に対する恐怖感が強まり、もっと他者と親密な関係をもちたいという欲求がある一方で、不安のほうが強くなってしまい、無力感や孤独感を感じることも少なくない様子。

※今後について
○日常生活において起こるストレス状況で生じる感情や思考の安定のために、薬物療法によってコントロールすることが有効であると考えられる。
○生活のリズムをある程度一定にすることで、ストレスの軽減と心身のバランスを整えることに繋がると思われる。
○ある程度症状の安定ができている状況において、無理のない範囲で少しずつ活動や対人関係の機会を得ることで、ストレス耐性、物事の理解の幅、感情の整理の機能を高めていくことが望ましい。

***********

占いじゃないから当たるとか当たらないとかではないのですが、当たっています。
インクのシミを見ただけでここまで解るって不思議です。

レポートを受け取って「私はずいぶん淋しい人生送ってきたのかもなあ」と思いました。
この結果を今後にきちんと活かしていきたいです。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年6月 »